定食」カテゴリーアーカイブ

愛知県常滑市、おぼんdeごはん イオンモール常滑店は1度に色々楽しめる定食屋

「おぼんdeごはん イオンモール常滑店」は、愛知県のイオンモール常滑店1階にある飲食店です。
お盆のうえに、15種類から選べるメイン料理、ごはん、お味噌汁、サラダ、お漬物などが載っており、日本らしく、栄養バランスが良い料理が特徴的です。

ごはんは白米と五穀ひじきごはんから選ぶことができ、おぼんdeごはん私のオススメは五穀ひじきごはん。
雑穀の食感とほどよい塩気が食欲をそそります。

メイン料理はざっくり分けて、肉、魚、野菜と豆腐の3種。
すべて税抜1,500円以下で楽しむことができます。

おぼんdeごはんで特にオススメなのは、「鶏の南蛮揚げ 味噌タルタル」と「五穀ひじきと豆腐のハンバーグ野菜あん」。
「鶏の南蛮揚げ 味噌タルタル」は、カラッと揚げられた鳥の南蛮揚げに、味噌タルタルがたっぷり添えられています。

ガッツリ食べたい人にオススメなメニューですが、お値段は1,100円とかなりお手頃なのも嬉しいポイント。

「五穀ひじきと豆腐のハンバーグ野菜あん」は具材たっぷりの豆腐ハンバーグがメインで、小食な人や食欲がない人にもオススメな優しいメニューです。
こちらは1,050円。

おぼんdeごはん、ディナーで色々楽しみたい人は、ぜひ一度訪れてみてください。

店名:おぼんdeごはん イオンモール常滑店
住所:愛知県常滑市りんくう町2-20-3 イオンモール常滑 1F
電話:0569-89-7696

長崎県東彼杵、ちゃぶ台を囲みながらランチを食べられる三葉

地元で愛されている空間も魅力となるちゃぶ台【三葉】では、田舎に帰ってきたようなレトロなちゃぶ台や黒電話のインテリアが迎え入れてくれます。
三葉は接客もおばちゃんたちが行うので、新規でお一人様でも入りやすい敷居の低い接客も評判です。

女性から人気のあるのはランチ、特に麹ランチ(1000円)は、東彼杵のお米を使った自家製麹を使用しているのが特徴で、味付もシンプルで、副菜などにも地元の野菜が使われており、身体が喜ぶ手作り感でおすすめできます。

また、甘酒付きランチというのも、コチラの三葉のウリではないでしょうか。
他にも、豚汁セット(550円)や甘口カレーは目の前の通りの名と、店主が思案して作ったから思案橋カレーとして親しまれている味もあります。

また、三葉は午後2時〜がカフェタイムになっていて、地元ブランドの彼杵茶を使ったロールケーキやみかん大福なども提供されています。
日・月・火曜日が定休日で、水曜〜土曜日だけの営業ですから、沢山のリピート客でにぎわいを見せるため、席の予約がおすすめです。

また、三葉はお弁当やテイクアウトメニューも用意できるので、外ランチにもおすすめです。

店名:ちゃぶ台 三葉
住所:長崎県東彼杵郡東彼杵町彼杵宿郷195-1
電話:0957-46-1550

自由が丘にある大戸屋の濃厚で優しい風味が特徴なポテトサラダ

店名:大戸屋 自由が丘南口店
住所:東京都目黒区自由が丘1-8-23
電話:03-5731-1555

バラエティに富んだ定食メニューなどが揃っている自由が丘の大戸屋ですが、そういったメニューとは別に注目したいのがポテトサラダです。
これはサイドメニュー扱いとなってはいるものの、非常に魅力的な面を持っていると言えます。

何が素晴らしいのか?というと、やっぱりコストパフォーマンスです。
ポテトサラダの値段がすごい安く感じ、それでいて味は十分に美味しいと感じられます。

ポテトサラダは割とどこでも食べられる料理かもしれませんが、味と値段のバランスに関してはこの大戸屋のポテトサラダは特に良いと思います。

値段は税込み100円となっており、味に関してはジャガイモの味が濃厚で、優しい風味を感じます。
だから、味に関しては普通に満足なのですが、この味が100円で味わえるというのは衝撃的でした。

値段が安いから、それ相応の味なのかな?と思って当初は注文したものの、思った以上のクオリティだったので、これは掘り出し物を見つけた気分だったと思います。

大戸屋で脂っこい定食メニューなどを食べるときには、こういったポテトサラダは相性が抜群だと思うので、そのようなシーンで特におすすめです。

ごはんとわたし、吹田のエキスポシティにあるカスタマイズできる定食屋

店名:ごはんとわたし ららぽーとエキスポシティ店
住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1
電話:06-6816-8080

エキスポシティ内におもしろいお店があります。
ごはんとわたしという店なのですが、ここでは定食を自分で作れるのです。

作れるといっても、自分で調理するわけではありません。
自分で好みのおかずを選んで定食を作る感じです。

席に着くと、ごはんとわたしの店員さんがタブレットを持ってきてくれます。
わたし定食というメニューを注文しましょう。

ごはん・汁物・おかず・サラダ・ドリンクをそれぞれ選択して定食を作るシステムになっています。

それぞれ料理の写真付きで、選択することができます。
どんなおかずがあるかというと、家庭的で健康志向なメニューが多いと感じました。

ごはんとわたしの場所柄、ファミリー層の来店が多いと思いますが、幅広い世代が満足できる仕組みができています。

小さな子供さん用のメニューもありますし。
私は一人暮らしなのですが、自炊しない人にもおすすめだと思います。

普段は食べない煮物だったり、具だくさんの豚汁。
野菜たっぷりのサラダを選びました。

ごはんとわたしは、どの料理も優しい味がして、ヘルシーです。
家庭料理のような温かさがあり、味は洗練されています。

近くにこういうお店があると、とても助かると思います。
頻繁にエキスポシティに行くことはないのですが、ごはんとわたしは次もまた行きたいと思わせてくれるお店でした。

デニーズ 大井町駅前店、タレが特徴的な豚の生姜焼きメニュー

店名:デニーズ 大井町駅前店
住所:東京都品川区大井1-50-5阪急大井町ガーデン3F
電話:03-5742-2511

デニーズに来るとステーキとか、ハンバーグを選ぶ人は多いでしょう。

しかし、あまり知られていないかもしれないですけど、デニーズでは和食メニューもあるのです。

そして、大井町にあるデニーズでは、生姜焼き膳という見た目から食欲全開になりやすいメニューが存在していて、これはぜひ食べてもらいたいなと思っています。

まず豚肉の1枚1枚が大きくて、タレがたっぷりかかっていて、そこにどうしても目がいきます。

実際、タレの影響が大きくて味はちょっと濃いかもしれませんが、だから美味しく感じやすいということも言えるのです。

肉自体も美味しいとは思うのですが、ショウガと醤油が入ったタレがこの豚肉を美味しくさせているという実感がとてもあります。

そして、豚肉の生姜焼き以外でもご飯とみそ汁、冷ややっこにひじきもついていて豪華なラインナップです。

全体として眺めてみると、主役は豚肉の生姜焼きですが、それ以外にも食べ応えのあるものがついているので、満足感はかなりありました。

デニーズではあまり注目されづらいメニューかもしれないですけど、多くの人たちに覚えておいてほしいと思うのです。

大阪の本町でガッツリ食べたいなら、サル食堂に行こう!

店名:サル食堂
住所:大阪府大阪市中央区備後町4丁目3-4 大阪タイガービル 1階
電話:06-6233-3633

本町といえばビジネス街ですが、働く人を支えるサル食堂があります。
サル食堂は近隣で働く人には人気のお店です。

その理由はリーズナブルでボリュームのあるメニューを食べられるからです。
もちろん味が良いので、リピーターも多いのですけどね。

サル食堂の名物は、トンテキです。
昼のトンテキ定食は890円で食べることができます。
トンテキに出し巻きオムレツが付き、ご飯はおかわり自由。

サル食堂のトンテキがジューシーで旨いので、ご飯は必ずおかわりするぐらいです。
トンテキは厚切りで、特製ソースでソテーしています。

サル食堂の店内は、トンテキ定食を頼む人が多いように感じました。

他にもハンバーグ定食やエビフライ定食などがあります。
月替わりの限定メニューなどもあるので、通う人を飽きさせません。

ちなみに夜も定食をしていて、値段は上がりますが豪華な定食を食べることができます。
定食だけでなく、仕事終わりの人のために夜呑みメニューなんてのもあります。

一品料理が充実していて、サル食堂は酒のアテには困りません。
ビジネス街にこういうお店があることは、とても嬉しいことですね。

遊、北九州市八幡西区と東区の間、陣山で頑張るちょっと特殊な定食屋

遊は、国道3号線を折尾・福岡方面に下っていると八幡西区陣山一丁目交差点付近の右側にあります。
日曜日が定休でランチタイムのみの営業という国道沿いにしてはちょっと遠慮がちな営業スタイルです。

遊は障害のある皆さんが調理、接客に携わって運営している定食屋さんになります。
もちろん、味はしっかりしており専門の調理師が常駐していますので安心して食べられます。

お値段もハンバーグ、とんかつ、からあげ、生姜焼き、焼肉、焼き魚、焼きそば、焼うどんなどなど…
定食で思いつきそうなものは、すべて500円のワンコインです。

メインにご飯、みそ汁、お漬物、小鉢が2品付いての500円なので、遊は相当コスパがいいです。

またチャンポンも同様の値段でご飯付きになり、カレーもサラダなどがついてやはり500円。
大盛や別トッピングなどしない限りワンコインでほぼ食べられるというラインナップです。

遊の店内もゆったりとしており、スタッフさんがお冷のお代わりなどすごく気を遣ってくれます。
近隣のサラリーマンやお店の方でランチタイムは満席に近くなりますので、多少前後して行くといいでしょう。

遊は、本当に地域に愛されているお店です。

店名:遊
住所:北九州市八幡西四区陣山2-1-10
電話:093-663-0077