エスニック」カテゴリーアーカイブ

大阪 心斎橋のエル・パンチョで本格メキシコ料理を!

大阪のミナミの中心・心斎橋に位置する「エル・パンチョ」。
エル・パンチョは、地下鉄御堂筋線心斎橋駅から徒歩2分という好立地のため、使いやすいお店です。

雑居ビルのエスカレーターを登りお店の中に一歩入ると、もうそこは異国情緒があふれている。

エル・パンチョ店内に飾られている年代物の絵画やサボテンのイラスト、壁一面に書き込まれている様々な言語のお客のサインが、昼間でも薄暗い店内に怪しい雰囲気を醸し出す。

ドキドキしながら座っていると、意外と(?)フレンドリーな店員さんが笑顔で対応してくれるのでご安心を。

幸運にも平日のランチに訪れられるのなら、ぜひエル・パンチョで食べて欲しいのが「メキシカンランチB(1,560円)」。

飲み物は、ホットコーヒー、アイスコーヒー、オレンジジュースの三種類から選べます。

スープとサラダが出てきた後は、ケサディージャ、ピラフ&ビーンズ&タコス&ワカモレの一皿と次々と食べ物が運ばれてきます。

ちなみにケサディージャとは、揚げた生地にチーズをサンドしたもので、メキシコのファストフードといえる食べ物です。

エル・パンチョは、食べ終わってお店から出てくると、メキシコ旅行にいったようなそんな満足感にひたれるお店です。

【店舗概要】
店名:エル・パンチョ 心斎橋
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-10-1 心斎橋タワービル8F
電話:06-6241-0588

ナスコフードコート、新大久保で手軽に食べられる本格ビリヤニ

韓国の飲食店やコスメショップが多いことで有名な新大久保ですが、実はイスラム系の飲食店もおすすめです。

駅からすぐ近くには「イスラム横丁」と呼ばれひっそりと軒を連ねています。
そんななか、気軽にサクッと食べられるお店が、ナスコフードコートです。

店名:ナスコフードコート
住所:東京都新宿区百人町2-10-8 新大久保イニシャルビルANNEX 1F
電話:08040868631

ナスコフードコートは、新大久保駅から徒歩5分の、イスラム横丁にあるお店で、ビリヤニか食べられます。
このあありは、他にもネパール居酒屋や、カレー、ダルバートが食べられるお店がありますが、中でもこのお店はテイクアウトもやっていて、手軽に食べられるのが魅力です。

ナスコフードコートおすすめはチキンビリヤニです。
店頭には、マトンの串焼きなど焼き鳥感覚のテイクアウトが売られていますが、ビリヤニはナスコフードコート店内で食べられます。

面白いのが、お皿にぴっちり敷き詰められたご飯の下に、チキンが眠っているという盛り付けです。
スパイシーなご飯に、付け合わせのスパイシーなイスラム漬物のようなちょい足し小鉢と、ヨーグルトのようなさっぱりしたソースを少しずつ混ぜながら、味を変えて楽しみます。

変わった味ですが不思議と癖になる美味しさで、お値段も800円とお手頃です。
ナスコフードコートは、あまり日本人を見かけないお店ですが、おいしいのでおすすめです。

クシュクシュ、和歌山市で本場のカレーを手頃な価格で食べられるお店!

店名:クシュクシュ
住所:和歌山県和歌山市鳴神1220-3
電話:073-474-8168

クシュクシュは、1000円程で本場のカレーをお腹いっぱい食べることができますし、多種多様なコースメニューやセットから選ぶこともできます。。
また、学生の方は学生証を提示すると学生割引を受けることができるので、バイトをしていなくてあまりお金のない学生の方も気軽に行くことができます。。

ランチで12種類、ディナーで30種類からお好きなカレーを選ぶことができ、クシュクシュは一度だけでなく何度行っても飽きないという魅力があります。
辛さも好みで選ぶことができ、辛いものが好きで、本場の辛さを知りたいという人や辛いものは苦手だけど行ってみたいというすべての人におすすめできるお店となっています。

また、クシュクシュは、本場のカレーだけでなく本場のナンも食べることができます。
ナンは市販で売っているものとは比較にならないぐらい大きい上に注文が入ってから作り始めるので、常にできたての一番おいしい状態で食べることができます。

ただ、クシュクシュの店員のほとんど全員がインド人のため、たまに日本語が通じにくい時があるのが難点です。
しかし、逆に考えるとそれだけ本格的なお店だと捉えることもできるので、わざわざ足を運んで食べる価値があると思います。

ハヌリ渋谷店、本当は誰にも教えたくない韓国料理店

皆さん韓国料理はお好きですか?
韓国料理と言えば辛い料理というイメージでしょうか。
寒い冬に辛い料理を食べて温まるも良し、暑い夏に辛い料理を食べてスタミナをつけるも良しと、韓国料理は年中食べたくなる料理ですよね。

そんな韓国料理を東京で食べると言えば、真っ先に新大久保が浮かぶのではないでしょうか。
新大久保は言わずと知れたコリアンタウンですよね。

たしかに新大久保でも美味しい韓国料理は頂けるのですが、実は若者の街、渋谷でも絶品韓国料理が頂けるお店があるんです。
そんな、私が本当は誰にも教えたくない渋谷の韓国料理店について紹介します。

まず私が紹介するお店は、渋谷にあるハヌリというお店です。
ハヌリでは、本場の味に近い韓国料理が頂けるのが特徴です。

そんなハヌリのおすすめは何と言ってもランチメニュー。
ランチメニューはどれもだいたい1000円出せばおつりが返ってくるくらいなのですが、ボリューム良しで更にご飯とサラダはお替り自由なんです。

ハヌリのコスパの良さも魅力の一つです。
またテーブルにはこれまた食べ放題の自家製キムチもあります。

ランチタイム時は結構お客さんもたくさんで賑わっているので、案内されるまでに待たされることもあります。
待つのが嫌だという人は、ハヌリのオープンすぐくらいに行くとスムーズに案内してもらえるのでおすすめです。

是非皆さんも、渋谷に寄った際は一度足を運んでみてください。

店名:ハヌリ渋谷店
住所:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-13 成瀬ビル2F
電話:03-5494-8088

大阪・梅田のおすすめスリランカカレー店、ポンガラカレー

店名:ポンガラカレー
住所:大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急サン広場B1F
電話:06-4792-8229

梅田でおすすめのカレー店、ポンガラカレーをご紹介します。
大阪は、カレーの激戦区であり、どこも個性的であり、同じようで同じでない、様々なカレー店が点在しています。
カレー好きな人々は、自分の好きなカレーの味を探したり、新しいカレー店に行ったり、おなじみのお店へ足を運んだりと人それぞれです。

日本のオリジナルカレー、インドカレー、タイカレー、ネパールカレーと国によっても、カレーの具や味のバリエーションや、食べ方のスタイルやお米の種類や、何十種類ものスパイスや辛さの度合いまで、その時々での、カレーの楽しみ方があると思います。

ポンガラカレーは、スリランカカレーの専門店でした。
梅田の阪急サン広場の地下にあり、ポンガラカレーは、なかなか穴場のお店でした。

平日のランチタイムは過ぎた、夜ごはんにはまだ早いくらいの遅めのランチだったので、ポンガラカレー店内は空いていて、テーブル席の方で、ゆったりできました。
コの字型のカウンター席と、テーブル席(2名席×3、4名席×2)がありました。

スリランカ式のカレー、野菜中心の副菜とカレーを混ぜて食べるスパイスカレーに初トライしました。
スリランカチキンをマトンに変えて、お米は、バスマティライスにしました。
インドやパキスタンで生産される細長いタイプのお米で、アロマティックライスとよばれる世界的に有名とのことでした。

スパイスカレーというと、さらさら系の辛いあいがけカレーのお店が多かったので、ポンガラカレーの、副菜が何種類あって、カレーと混ぜて食べるスタイルは新鮮でした。
多くの具材とたっぷりのご飯で、食べきれるかなと思ったのですが、バスマティライスが思ったよりとても軽く、いつもは、ルーが余るのですが、スリランカプレートは、副菜5種とカレールー2種とバスマティライスのバランスが絶妙でした。

初めは、副菜やカレーだけ食べ、次にカレーや副菜をごはんにかけて食べ、最後は、全部混ぜて合わせて食べるといった3段階の食べ方のスタイルでも新鮮でした。
副菜の味も、豆の食感や、茹でキャベツのようなしんなりしたやさしいテイストから、トッピングのされているカリッとしたものから、マトン肉や豆カレーのスパイシーなルーなど、一言では言い表せないような味わい深いものでした。
ポンガラカレーは、カレーの種類も色々あったので、またリピートしたいカレー店です。

岡山市北区、インド料理店「タージナマステ」でランチ!

この前、前からおいしいという噂を聞いてきになっていた近所のインド料理店タージナマステへ、友達と4人でお昼ごはんを食べに行きました。
タージナマステ店内は清潔で、インドの雰囲気がかなり濃厚です。

お店の方はみなさんインド人の方のようでしたが、日本語もそこそこ通じ、メニューを頼む際には何の問題もありませんでした。
水がなくなったら、すぐついでくださる優しく、気配りの行き届いた店員さんたちでした。

今回、タージナマステで食べたメニューは野菜カレーのセット750円です。
サラダ、ナンまたはライス、野菜カレー、ラッシーがついているお得なセットでした!

まずサラダが来たのですが、かかっているドレッシングが初めて食べるものでしたが、トマト風味でとてもおいしかったです。
また料理が来る間、実際にナンを手で回しているところが座席によっては見れるので、おもしろかったです。

そのナンですが、大きいことで有名だったのですが、実物は思った以上でした!
顔3つ分くらいはあったと思います。

とても大きいので食べきれるかなと不安だったのですが、ペロっと女子でも一枚食べられます。
というのも、カレーもそうなのですが、ナンがカリっとしているところとふわっとしているところがあり、本当においしかったです!

この値段でこのボリュームとおいしさでとても満足しました。
みなさんもぜひ一度、行ってみてほしいと思います。
最後にタージナマステの詳細です。

店名:タージナマステ
住所:岡山市北区学南町3-12-23 錦ビル1階
電話:086-252-1006

東京丸の内、タイ料理ビュッフェ「サイアム ヘリテイジ 東京」。

サイアムヘリテイジ東京は、東京駅丸の内中央口を出て徒歩2分、そびえたつ左右の大きなビルの右側、新丸ビルの6階にある高級タイ料理店です。
店内の入り口には半個室風の席が、奥にはオープンキッチンと東京駅が一望できるおしゃれな空間が広がっています。
夜は夜景も素晴らしいので、サイアムヘリテイジ東京は、デートや結婚式の二次会などの利用にもおすすめできる雰囲気です。

サイアムヘリテイジ東京で一番おすすめしたいのは、ランチタイムのタイ料理ビュッフェです!
定番のガパオライスやトムヤンクン、タイカレーから、サラダや炒め物、デザートまで、中央のカウンターに10種類以上は並んでいます。
どのお料理も高級店らしい上品で繊細な味付けと調理で、間違いなくおいしいです。

お料理でサイアムヘリテイジ東京のおすすめなのは、(出ているときとないときはありますが)タイ風鶏ひき肉のサラダ「ラープ」が絶品なんです!
鶏ひき肉特有の臭みもなく、レモングラスのさわやかな香りと辛みが絶妙にきいています。
価格は90分で2200円程度でやや高めですが、十分に満足できる味と雰囲気といえます。

【お店の基本情報】
店名:サイアムヘリテイジ東京
住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング6F
電話:03-5224-8050