時計の歴史と仙台市時計買取

私たちの生活に欠かすことのできない重要なツールの一つである時計。
古くに海外から日本に伝わってからというもの日本人が独自に進化や開発を行い、業界を大きく進化させてきました。
現在最も一般的な時計として多くの人が利用している電池で動くクオーツ式は、日本人が開発した世界に誇ることのできる技術です。

当時はゼンマイとテンプで動く機械式が一般的であり、一日の間に数秒から十数秒の時間のズレが生じるのが当たり前という時代でした。
クオーツ時計は水晶に電気を流した時に生じる振動を利用した仕組みで、その振動数はゼンマイとテンプを利用した機械式とは桁がいくつも違います。
クオーツ式の精度は一ヶ月に数秒から十数秒のズレという高精度のものであり、世界中を驚かせることとなったのです。

日本における時計の歴史を見てみますと、671年に天智天皇が日本で初めて水時計をつくり時を知らせたということが日本書紀に記されています。
なお、この天智天皇が時を知らせた日は現在は「時の記念日」として時間の大切さを考える日とされています。

その後、火時計や砂時計など様々なタイプが発明されてきました。
現在の基礎である機械式が最初に日本に伝わったのは天文20年(1551年)であり、宣教師フランシスコ・ザビエルによって周防の国の領主であった大内義隆に献上したものであったと言われています。

その後日本は豊臣秀吉によって全国統一がされますが、豊臣秀吉もローマ法王訪問使節より献上されたという記録が残されています。
天正19年(1591年)にローマ法王訪問使節によって京都の聚楽第にて豊臣秀吉に献上されたと言われています。

その後は家康にも宣教師によって献上され、イスパニアから家康に献上された時計が現存する最古の機械式であると考えられています。
このようにして日本も続々と機械式が伝わり、その後日本において独自の進化を遂げていったのです。

現在の時計市場では機械式が圧倒的に人気で、アフターマーケットも充実しています。
以下のサイトでは、仙台市の時計買取について紹介しています。

参考:仙台市 時計買取