弁護士無料相談と有料相談の違いは?

法律問題で困った際には、専門家に話と聞きたくなりますよね?
弁護士相談は無料で行ってくれるケースもありますけど、お金をとられるケースもあります。
利用者としては、お金は掛からない方が良いけど、あまり親身になってくれないのでは?と思うかもしれません。

逆にお金をとる方が真剣になって話を聞いてくれるのではないか?という疑問も浮かぶ可能性があります。
結局は弁護士それぞれによって、対応の違いはどうしても生まれてしまうと思うので、費用をとる、とらないかかわらず、業務の質の差はあるはずです。

対応も電話だったり、面接だったりと、考え方の違いがでてきます。
ただ、費用をとるか?どうかで対応の差が生まれるとはあまり思えません。

結局は法律事務所の考え方や信念の問題にかかわってくると思います。
費用を有料にすることができるのに、あえて無料にしないといけない理由はあまりありません。

利益が欲しいならば、有料にすれば良いだけなので、あえてしているということは、それだけ利用者にとって負担の少ないサービスを提供したいという思いが少なからず含まれているからではないでしょうか?

全ての弁護士がそうというわけではないかもしれませんが、そういう法律事務所もあると思います。
したがって、費用が無料だからといって、真面目に相談に乗ってくれないとか、アドバイスをくれないとか。。
そういうことではないと思います。

参考サイト:弁護士無料電話相談所|24時間法律相談

弁護士無料相談と電話・メール相談

弁護士相談にはお金がかかるから、あまりよくないと言われていた時期もありました。
実際にお金を取っている弁護士もかなりいます。
ところが、最近は大手を中心に、無料で出来るような仕組みも採用しています。

正式に依頼するまでは無料にして、それ以降の手続きについてはお金を払ってもらうような取り組みをしています。
これは良い方法であり、利用する方が気軽に相談できる仕組みになっています。

さらに方法についても色々と変更して、すぐに対応できるようにしています。
今までは相談する場合、必ず対面での面接をする形になっていました。

しかし24時間メールが可能となったこと。
一部の時間であれば電話による対応が可能となったこと。
これらをを踏まえて、メール・電話などの色々な方法を採用できるようになりました。

さらに24時間体制で連絡を受けることが可能になり、すぐにでもお願いしたいときに相談しやすい体制を整えてくれます。
どうしても弁護士の方に来て貰いたい、依頼して解決したい事案があるとき、夜遅くになって考えている方も多くいます。

そのような方が対応しやすいように、時間帯を大幅に拡大して、さらに依頼するまでは、無料にしてくれるサービスで、気軽に行えるようになったことは大きいです。