若鶏時代なると、北海道小樽市の鳥料理のお店

若鶏時代なるとは、小樽市民なら、みんな知っている地元では、有名なお店です。
30年以上あるお店で、昔ながらの、小上りが多いお店です。

若鶏時代なるとのメニューは、お寿司、生ちらし、うな重、定食、刺身、焼き魚、かつ丼、天丼、サラダとバラエティー豊富で、値段が一番高いので、生ちらし(特上)2600円、定食、丼もの、弁当は700円から、1000円ぐらいです。

どれもおいしいのですが、若鶏時代なるとで有名で美味しいのは、若鳥の半身950円、その定食1100円です。
若鳥の半身は、どこにでも売ってますが、若鶏時代なるとは別格です。
一度食べたら、やめられない味です。

まずは、皮なのですが、パリパリで、中ジューシーで、お肉に軽く、絶妙な塩味が付いています。
言葉で言うと、ありきたりなのですが、小樽に来たら絶対にたべるべきです。

多くの有名芸能人も、食べに来ているお店ですので、インターネットで、動画を検索すると、とてもおいしそうに食べる有名人の姿が見ることができますので、見てほしいです。
それと、あまりに人気のため、若鶏時代なるとの若鳥の半身の冷凍品が、ネットで、買うことができるようです。

店名:若鶏時代なると
住所:〒047-0032北海道小樽市稲穂3丁目16-13
電話:0134-32-3280