名古屋市の古本買取で駿河屋宅配で売った体験談

本を読むのが趣味で、新刊や文庫本などを購入するという方も多いと思います。
私自身も気に入った作品の新刊を集めたりしていたのですが、本棚の整理も兼ねて、宅配買取で売ったことがあります。
今回はその時の体験談について書いてみたいと思います。

私が古本を売ろうと思ったのは、色々と集めたことで、本棚がいっぱいになってしまったことがきっかけでした。
これ以上は本棚を増やせないけど、色々と新しい本は買いたい。

そこで持っている古本を整理して、あまり読まなくなったものは売ってしまおうと考えました。
子供の頃に集めていた文庫本を始め、色々と読まなくなった新刊やハードカバーがあったので、それらをまとめて売ることにしました。

しかし思ったよりも売りたい本が多く、100冊近くあったため、自宅のある名古屋市の古書店に持っていくのがかなり面倒でした。
そこで直接持っていかなくても済む、宅配買取で古本を売ることに決めました。

ゲームやDVDは名古屋市の中古ショップで売ったことがあるものの、古本は売ったことが無かったので、ネットで調べるところから始めました。
色々なお店がありましたが、普段から利用している駿河屋というお店なら本も買取っているので、結局はそこを利用することにしました。

参考:名古屋市 古本買取

宅配買取なら商品と必要書類などを箱に詰めて、名古屋市の自宅から発送するだけなので、持っていく手間もなくて楽でした。

やや査定が長めなお店を利用したので、実際に手元に来るまで時間が掛かりましたが、特に気にはなりませんでした。
本棚の整理ができた上に、売ったお金で新しい本が購入できたので満足しています。