外はぱりぱり、中はふわふわ!アイスもなかもおすすめな「鳴門鯛焼本舗」。

秋葉原の中央通りからすこし外れた、静かな地域にあるたいやき屋さんをご紹介します。
鳴門鯛焼本舗のたい焼きの特徴は、とにかく外側の生地がぱりっとしていること!
コンビニやスーパーで買う、生地のしっとりとしたたい焼きがあまりお好きでない方にこそおすすめしたいお店です。

たい焼きの中身は、「十勝あずき」と「鳴門金時いも」の二種類が選べます。
「十勝あずき」も、王道のたい焼きという感じでとてもおいしいのですが、おすすめなのは「鳴門金時いも」のたいやきです。

ぱりっとした生地と、しっとり優しい甘さのいも餡の愛称はまさにばつぐん。
普通のたい焼き屋さんでは、なかなか食べられないいも餡のたい焼きが、180円という低価格で食べられるところも嬉しいポイントです。

また、鳴門鯛焼本舗のお店ではたい焼き以外にアイスもなかも取り扱っています。
もなかの生地もたい焼き同様ぱりっと焼かれていて、中にアイス以外にあんこを入れるかどうかを選べるのが嬉しいですね。

鳴門鯛焼本舗店内にはイートインスペースがあります。
ひとりで訪れても気軽に使えるスペースなので、秋葉原巡りの休憩に少し足を伸ばして利用してみてはいかがでしょうか?

店名:鳴門鯛焼本舗末広町店
住所:東京都千代田区外神田6-3-6
電話:03-3834-6999